関連記事
「解釈改憲」は違憲か護憲か(2)
>>ホームへ
   更新:2006/12/15
 「解釈改憲」は違憲か護憲か(2)
※この記事は旧「真っ当な国民投票のルールを作る会」のHPに掲載されたものです。
2004年11月16日付『朝日新聞』朝刊掲載
ポリティカにっぽん
「「解釈改憲」は違憲か護憲か」について(2)
今井 一

 本会の今井 一が朝日新聞東京本社・大阪本社の編集局長と、同社コラムニストの早野透氏に差し出した訂正要望の手紙及びその回答については、すでに本会のホームページ上に掲載していますが、その回答とは別に、昨日(12月14日付)の朝日新聞朝刊の「ポリティカにっぽん」に早野氏が、国民投票の手続きやそのルール設定に際しての問題点などを正確に紹介する一文を記しています。今井の訂正要望に応えてのこととは、早野氏も「朝日」も言っていませんが、事実上今井が要望したことに応える内容になっています。
 その発行部数から数百万の人が「朝日」を読んでいるだけに、今回の早野氏の対応は歓迎すべき処置だと考えます。
 
その一文を読みたい方はここをクリックしてください。

asahi.com : コラム : 早野透「ポリティカにっぽん」

※この記事は旧「真っ当な国民投票のルールを作る会」のHPに掲載されたものです。
 会員入口 >>ログイン 
会員募集
会員は本サイトの会員専用ページにアクセスできます。
 情報室の
 開設にあたって
 
 市民グループ「住民投票立法フォーラム」、「真っ当な国民投票のルールを作る会」は、この数年間、住民投票及び国民投票に関する貴重な情報の収集、発信を担うと同時に、直接民主制の意義やあるべき姿について、積極的に主張してきました。しかしながら、財政的な困窮やスタッフ不足などの事情から、「立法フォーラム」は06年8月に解散し、「真っ当な・・」も年内に解散することになりました。
  住民投票の制度不備が未だ...
 トピックス  
■情報室の開設にあたって
■国民投票にどう向き合うべきか
■今、私たちがなすべきこと
■住民投票の10年
■運営委員から一言
南部義典の国民投票つれづれBlog

 
 
©2006- Referendum Information Room All Rights Reserved.
Powered by 文系企画