Webコンメンタール
 国民投票法(予告)
>>ホームへ
   更新:2007/03/31
 Webコンメンタール 国民投票法(予告)
南部義典
2007年4月2日から、当サイト会員ページにて
連載「Webコンメンタール 国民投票法」が始まります。 
是非この機会に、本会に御入会下さい。
会員申込みはこちらから
「Webコンメンタール 国民投票法」(会員限定)はこちらから
「Webコンメンタール 国民投票法」(会員ページにて)

連載をはじめるにあたって

 国民の憲法制定(改正)権を具現化する国民投票法は、戦後憲政史上で最も重要な法律、準憲法規範と言われることがあります。私も、憲法附属法の中では特別な規範的地位を有すると考えています。
 しかし、国民投票法の制定の意義、内容が必ずしも広く一般的に認識、理解されているわけではありません。とくに国民投票法がどのような条文から構成されているのか、法律の全体構造に関して、体系的、網羅的な情報が不足していることは否めません。
 「手続法にすぎないから、どんなルールであろうと問題ではない」という考え方もありえましょうが、憲法改正国民投票という民主主義社会最大ともいえる意思決定の手続ルールに関して、国民に十分な情報が発信されていないのは大変残念なことです。

 そこで、「イヤでもわかる!国民投票法案」の連載終了を期に、新連載「Webコンメンタール 国民投票法」を始めることにしました。
 イヤでもわかる!国民投票法案は論点ごとの「横割り」解説であったのに対し、新連載は国民投票法の全体構造(森と木)を明らかにすることを目標に、「縦割り」の逐条解説を試みます。
 今回も、他に参考文献がない中でのスタートです。マニアックにならない程度に、できるだけ分かりやすい解説に努めます。よろしくお願いいたします。

2.目次(全22回)

※このコンテンツは会員専用ページに掲載されます。

第1回  §1[法律の趣旨](2007/04/02UP)
第2回  §2[国民投票の期日]
  〜§10[特定地域に関する特例](2007/04/16UP)
第3回  §11[国民投票広報協議会]
  〜§19[国民投票の方法等に関する周知等](2007/05/01UP)
第4回  §20[投票人名簿]
  〜§32[投票人名簿の保存]
第5回  §33[在外投票人名簿]
  〜§46[在外投票人名簿の登録に関する政令への委任]
第6回  §47[一人一票]
  〜§59[代理投票]
第7回  §60[期日前投票]
  〜§74[投票所における秩序維持]
第8回  §75[開票管理者]
  〜§88[開票所の取締り]
第9回  §89[国民投票分会長]
  〜§99[準用]
第10回  §100[適用上の注意]
  〜§104[国民投票に関する放送についての留意]
第11回  §105[投票日前の国民投票運動のための広告放送の制限]
  〜§108[公職選挙法による政治活動の規制との調整]
第12回  §109[組織的多数人買収罪]
  〜§117[携帯凶器の没収]
第13回  §118[詐偽登録、虚偽宣言罪等]
  〜§125[国外犯]
第14回  §126[国民投票の効果]
第15回  §127[国民投票無効の訴訟]
  〜§132[国民投票無効の訴訟についての通知及び判決本謄本の送付]
第16回  §133[憲法改正の効果の発生の停止]
  〜§134[国民投票無効の告示等]
第17回  §135[再投票及び更正決定]
第18回  §136[費用の国庫負担]
  〜§142[国民投票に関する届出等の時間]
第19回  §143[不在者投票の時間]
  〜§150[事務の区分]
第20回  §151[憲法改正の発議のための国会法の一部改正] −その1−
第21回  §151[憲法改正の発議のための国会法の一部改正] −その2−
第22回  附則

法律案等の略称

議連案
(憲法調査推進議員連盟)
・・・ 「日本国憲法改正国民投票法案」「国会法の一部を改正する法律案」(2001年11月16日)
旧旧与党案(修正議連案) ・・・ 「国民投票法等に関する与党協議会実務者会議報告」(2004年12月3日)
旧旧民主党案 ・・・ 「憲法改正国民投票法制に係る論点とりまとめ案」(2005年4月25日)
旧民主党案 ・・・ 「憲法改正案の発議に係る議事手続に関する法律案・大綱」「憲法改正及び国政問題に係る国民投票法案・大綱」(2005年10月27日)
旧与党案 ・・・ 「日本国憲法の改正手続に関する法律案(仮称)骨子」(2006年4月18日)
与党案 ・・・ 「日本国憲法の改正手続に関する法律案」(2006年5月26日)
民主党案 ・・・ 「日本国憲法の改正及び国政における重要な問題に係る案件の発議手続及び国民投票に関する法律案」(2006年5月26日)
併合修正案 ・・・ 「日本国憲法の改正手続に関する法律案」及び「日本国憲法の改正及び国政における重要な問題に係る案件の発議手続及び国民投票に関する法律案」に対する併合修正案(2007年3月27日)
民主修正案 ・・・ 日本国憲法の改正及び国政における重要な問題に係る案件の発議手続及び国民投票に関する法律案に対する修正案(2007年4月10日)
参院民主案 ・・・ 「日本国憲法の改正及び国政における重要な問題に係る案件の発議手続及び国民投票に関する法律案」(2007年5月8日)

併合修正案は2007年5月14日、参院本会議で可決、成立しました。
 
筆者プロフィール
南部 義典(なんぶ よしのり)
1971年岐阜県生まれ。1995年京都大学文学部卒業。同大学院修士課程在学中に、国会議員政策担当秘書資格試験に合格。2005年より憲法改正国民投票法制の論点整理に従事。
2006年12月より[国民投票/住民投票]情報室ウェブサイト上で、「イヤでもわかる!国民投票法案」を連載(全11回)。
衆院憲法特委・第2回中央公聴会(2007年4月5日)、参院憲法特委・さいたま地方公聴会(2007年5月10日)の公述人を務めるなど、国民投票法制に関する論評、提言を積極的に行っている。
南部義典の国民投票つれづれBlog 著者のブログ(2006年1月開設)
イヤでもわかる!国民投票法案 連載(2006年12月〜2007年3月)
 会員入口 >>ログイン 
会員募集
会員は本サイトの会員専用ページにアクセスできます。
 情報室の
 開設にあたって
 
 市民グループ「住民投票立法フォーラム」、「真っ当な国民投票のルールを作る会」は、この数年間、住民投票及び国民投票に関する貴重な情報の収集、発信を担うと同時に、直接民主制の意義やあるべき姿について、積極的に主張してきました。しかしながら、財政的な困窮やスタッフ不足などの事情から、「立法フォーラム」は06年8月に解散し、「真っ当な・・」も年内に解散することになりました。
  住民投票の制度不備が未だ...
 トピックス  
■情報室の開設にあたって
■代表就任に際して
  (武田真一郎 2010/08/06)

■国民投票にどう向き合うべきか
■今、私たちがなすべきこと
■住民投票の10年
■運営委員から一言

 
 
©2006- Direct Democracy Information Center All Rights Reserved.
Powered by 文系企画